ヒダ山部分について

一番縫製仕様によって違いが多くでるのが、ヒダ山や芯地など、カーテンの上部分です。
カーテンの裏面に折り返す生地の中に芯地を入れて、ヒダ山の裏側に、カーテン用のフックを差し込んでいます。

ちなみに、生地をつまんで山にしている部分を「ヒダ山」、山と山のあいだの距離を「ヒダ間」と呼びます。

規格サイズ(既製品)・イージーオーダー

規格サイズ・イージーオーダー仕様は、75mmのポリエステルの芯地を使っているので、
柔らかくふわっとした見た目のヒダ山になります。

オーダーカーテン(フルオーダー)

オーダーカーテン仕様は、90mmの不織布という芯地を使っているので、
どっしりとした安定感とパリッとしたヒダの山で、しっかりとした印象になります。

折り返した部分もしっかりと縫製をしているので、きりっとした見た目で、耐久性も高くなります。

ヒダ山・ヒダ間について

縫製にかかわらず、1.5倍ヒダの場合は2つ山、2倍ヒダの場合は3つ山で仕上げます。

また、注文サイズが同じ場合、1.5倍ヒダより2倍ヒダの方が、ヒダ同士の間隔が狭くなります。
(2倍ヒダの方が、フックの数が多くなります)

※生地によっては、厚みのために2倍ヒダでも3つ山ではなく2つ山になる場合があります。


規格サイズ(既製品)・イージーオーダー オーダーカーテン(フルオーダー)
  • 75mmポリエステル芯地
  • 75mm用アジャスターフック使用
  • 1.5倍ヒダ仕様:2つ山(2倍ヒダ専用商品のみ3つ山)
  • 折り返し部分の縫製なし
  • 90mm不織布芯地
  • 90mm用アジャスターフック使用
  • 2倍ヒダ指定:3つ山 / 1.5倍ヒダ指定:2つ山
  • 折り返し部分の縫製あり

↑ふんわりした見た目をしています。

↑折り目がしっかりして引き締まった見た目になります。

ヒダ山
ふたつの山をつまんでいるので「2つ山」です。

ヒダ山
みっつの山をつまんでいるので「3つ山」です。

ポリエステル芯地
折り目がつきにくい柔らかめの芯地になります。

不織布芯地
折った部分がきっちり曲がる固めの芯地になります。

↑折り返し部分を縫っていないので、
カーテンと芯地の間に隙間が空きます。

↑折り返し部分を縫っているので、
耐久性があり見た目もしっかりします。