カーテンで省エネ節電紫外線対策





カーテンで夏の冷房効果を効率的にアップさせましょう。
省エネ・節電対策、熱中症を防ぐためにも、冷房効果をできるだけ高めましょう。

カーテンは窓辺を飾るだけではなく、お部屋の温度調節や、光のコントロールに役立ちます。
上手に利用すると、節電対策・冷暖房効果をアップにもなります。




まずはチェックしましょう。

■窓にカーテンは掛かっていますか?
カーテンを使っていない窓はありませんか? どんな窓でも、掛けるだけで効果が大きく変わってきます。
小窓で何もかかっていない窓はありませんか? 小さい窓も油断できません。小窓対策にはこちら

■サイズは合っていますか?
高さが短かすぎず、充分に窓を覆えていますか? 隙間が大きすぎると、断熱効果が落ちてしまいます。

■厚地とレースで二重になっていますか?
二重の方が、空気の層を効果的に作ることができます。 どちらか片方ですと、断熱効果が弱くなります。




夏も冬も窓から入ってくる熱や、出て行く熱は非常に高い割合になっています。
窓際の断熱対策をすることは、かなり効果的と言えます。










カーテンの効果や、効果的な使い方について細かく見てみましょう(夏冬共通)。


■厚地(ドレープ)カーテンの効果

夏・・・お部屋に入る日差しを防ぎ、室温上昇を抑え、冷房効果をアップさせます。
冬・・・窓から入る冷気を防ぎ、室温低下を抑え、暖房効果をアップさせます。

ドレープカーテンの中でも、遮光カーテンは光を防ぐために、織りの目が詰まった組織になっているので、断熱性も高くなります。
遮光性が高い方が、比例して断熱性も高くなります。
また、これはついでですが、遮光カーテンは可視光線を遮ります。
紫外線は可視光線より波長が短いため、可視光線を防ぐと、紫外線も同時にほぼカットできます。

※遮光等級は1級から3級までありますので、光の遮り方は色々です。 遮光性についてのページ


窓から入ってくる、夏の日差しによる熱気や、冬の冷たい空気は、お部屋の中の室温上昇や低下の原因のひとつです。
カーテンを上手に使うことで、冷暖房効率を高め、省エネ効果をアップさせましょう。



夏の西日など強い日差しが入ってくるときには、遮光カーテンで光をコントロールしてお部屋の中が暑くなるのを防ぎましょう。

冬の日中、暖かい日差しが入ってくるときは、遮光カーテンを開けて、暖かい空気をお部屋の中に入れて、日が沈んだらしっかり閉めて冷気を防ぐのも効果的です。



当店のおすすめ商品

オールシーズン高機能。らくらく揃うカーテンセット



遮光カーテン







■レースカーテンの効果
レースカーテンにも断熱効果の高いレースカーテンがあり、おすすめです。

厚地カーテンを閉めた時には、断熱効果は高くなりますが、やはりお部屋は暗くなってしまいます。
厚地と比較すればレースカーテンの断熱効果は落ちますが、お部屋を明るいまま、ある程度の断熱効果を得るには、断熱効果の高いレースカーテンがおすすめです。


暗くならずに、断熱効果はある程度あり。



夜でも外から見えにくいタイプは、断熱性が高く、紫外線カット率もおおむね80%以上となります。

夜でも見えにくいレースにもいろいろ種類がありますが、基本的には透けにくくするために生地の組織の密度を高くしているため、通常のレースカーテンより断熱性は高いものが多いです。
同時に紫外線カット率も、比例して80%以上と高くなります。
デメリットとしては、お部屋の中からも外が見えにくくなるので、開放感はあまりありません。


当店のおすすめ商品
ミラーレースカーテン(すべて夜電気をつけても外から見えにくいタイプです)





■小窓もカフェカーテンなどでしっかり断熱対策をしましょう。
小窓の対策も重要です。
当店では、カフェカーテン・小窓用カーテン・のれんなど、小窓対策にも最適な商品を数多く取り揃えております。

カフェ・小窓コーナーはこちら

つっぱり棒もあります。